2011年07月18日

欧州銀行、南欧向け民間融資も巨額―潜在的なリスクに  ってギャハハ。

面白いと思ってくれるといいんですが・
やっぱり、今日のタイトルはこれでしょう。
今日はヘッドラインから、欧州銀行、南欧向け民間融資も巨額―潜在的なリスクに  ってギャハハ。について書いてみました。

☆★☆

欧州銀行、南欧向け民間融資も巨額―潜在的なリスクに
ウォール・ストリート・ジャーナル 7月18日(月)11時45分配信

【ロンドン】欧州連合(EU)域内の銀行が南欧諸国の企業や個人に対し、巨額の融資を抱えていることが明らかになり、トラブルを抱える欧州の銀行システムにとって政府債務(国債)以外にも潜在的なリスクがあることが浮き彫りになった。

これは先週末15日に公表された欧州域内金融機関の特別検査(ストレステスト)で判明した。

ストレステストは表向きには銀行システムが驚くほどに健全であることを示している。金融機関約90行のうち、不合格となったのはわずか8行。2年間にわたって景気下降となった場合を想定した場合、これら8行は自己資本比率(狭義の中核的自己資本)5%を維持できないと判定された。このように不合格行が少なかったため、多くのアナリストはストレステストが十分に厳しくないと批判している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110718-00000005-wsj-bus_all

★☆★



ながながと、どうもすいません。
また、適当なときに、みにきてください。
晴れか、雨か、どちらでもがんばろうっと!


今、今後の先を読むことが大変難しくなってきています。その傾向は、インターネットの世界でも顕著に現れています。たとえば、損保車保険料比較法人名義、また法人名義法人名義など検索されることが頻繁になってきています。こういったキーワードは、消費者真理の一端かも知れません。さらに、法人名義一括査定、また一括査定キャッシュバック なども注目されるところです。このように、社会の変化の一端が現れてきています。
posted by sansan at 12:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。